サンキャッチャー・LamRim

価値観の相違

うちの家業はもともと漢方薬屋がメインでした。
(他にも下駄屋など色々。)

創業は文政六年、1823年。
戦後に商売替えしたのですが
私が学生の頃までは
まだ薬の問い合わせなどがありました。


特に下痢止めと
血の道の薬(婦人薬)が有名だったもよう。





ここ最近、更年期の症状が酷くなるにつれ

『 我が家の漢方の処方箋を試してみたい!! 』



そう願う気持ちがふつふつと湧いてきて。
倉庫などを片っ端から探していたのです。

看板など大きなものはでてきたけれど
以前見た、乳鉢や秤などは見つからず。。。
薬の調合表などもあったはずなのになぁ。










子宮病 血の道妙薬 
婦人薬王 『 安順湯 』 

f0163195_3262410.jpg


下り腹 『 活寿散 』

御免調合所 梅津庄平

f0163195_3265045.jpg



先日、元薬剤師の伯母にその話をしたところ
こともなげに


『 全部捨てたよ~ 』

『 わたしが見たけど読めなかったし 』

『 昔の薬より今の薬のほうが効果あるんだから必要ないでしょ 』





大ショーーーーーーーっク!!!

お、おばちゃん。
その考え方、めっちゃ理系っぽいね(´;д;`)











そしてもうひとつ。



福岡出身の総理大臣
広田弘毅の広田家と親しくしていたご縁で、
お父様がうちで書いてくださった書があるのですが


叔母達はそれを家宝として
大事にしなさいと言うのです。




が。


私にはさっぱりわからない。



広田弘毅本人の書ならともかく
お父様の書いたものになんの価値があるの!?





イチローのなら家宝だけど
チチローのサインボールを有難がる必要なくないか?
(・Д・`)






これこそ
価値観の違いというやつですね。








それにしてもショック。

私にとっては
200年前の漢方の処方箋こそ、我が家の宝なのになぁ。





サンキャッチャーショップLamRim オンラインショップはこちら
   ↓  ↓
★⇒http://suncatcher.ocnk.net/


サンキャッチャーショップLamRim HPはこちら
  ↓ ↓
★⇒http://suncatcher-lamrim.com/?page_id=13
by suncatcher-lamrim | 2015-12-01 04:11 | 日記
<< お茶会 次の心配事 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ドラクロワの画業の集大成..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧