サンキャッチャー・LamRim

青春の苦い思い出 1~高校入試と体罰と

中学時代、私が通っていたのは地元でも有名な塾でした。

新しくできた塾の一期生として入ったら、たまたまそこが超スパルタで。





入学試験の後に一部の生徒が選抜され、
私は特訓クラスというものに入れられました。

そうして自分達の意思とは全く関係なく
男子はラサールか久留米付設、女子は北九州のM学園を目指して
日夜勉強漬けの生活を送ることになったのです。







中学校の記憶というのは殆どありません。
自分のクラスが何組だったかとか、同級生や担任の名前すら覚えていません。
学校では寝ているか塾の宿題をしていたからです。

中3の夏休みは朝8時から夜12時まで缶詰。
父兄に送り迎えしてもらい、昼食と夜食も塾で食べる日々。









そこでは指導という名の体罰が当然のように横行していました。


私の頭頂部はがっつりへこんでいるのですが、
それは居眠りをしていて先生に教材用のコンパスで思いきり殴られた痕。

コンパスといっても角材のようなものです。
ですから、角材の形そのままに窪んでいます。










途中何度も辞めたいと思いましたが、どうしてもできませんでした。


辞めると言うと、どれだけ恐ろしいめにあわされるか
全員知っていたからです。

一度目をつけられると、暴力だけでなく精神的に
これでもかというくらい痛めつけられます。
馬鹿だクズだ能無しだと罵られ、徹底的に蔑まれる。  どこにも逃げ場がないのです。

講師が飽きて別の生徒にターゲットをうつすまで
公開処刑はくる日もくる日も続きます。








生徒達は、講師の怒りをかわぬよう目をつけられぬよう
静かに息を殺して机に向っていたのです。


そこから解放されるには、受験に合格するという以外、選択肢はありません。











そうして、ようやくその日がやってきました。

みんなそれぞれ嬉しい知らせが。
私もC女とM学園に無事合格することができました。












そんな中、中学の担任からこんな提案があったのです。

『 ラムリムさんはM学園に行くんでしょう?
 それなら公立の内申書の点数を他の子にまわしてもいいよね?
 君が譲ることで別の誰かが落ちなくてすむんだよ。  』


私は 『 もちろん、いいですよ♪ 』  喜んでそう答えました。










公立の受験が終わると塾で模範解答が配られました。
自己採点の結果は、全教科ほぼ満点でした。

講師達はF高に何人合格するか、嬉しそうに語り合っています。

珍しく上機嫌でいる先生に嬉しくなり、
うっかり中学の担任とのやりとりを話したところ
顔色がさっと変わり

『 お前は最後の最後で俺達を裏切ったんだな!!!! 汚い奴め。許さん!! 』

そういうと凄い剣幕で怒鳴り始めたのです。
・・・・・・殺されるかと思いました。


彼は、私が殴られた腹いせに
わざと嫌がらせをしたのだと勘ぐったようでした。















目標の私立に受かったから公立なんて蹴ってもいいんでしょ?
そう考えていた私は、
子供過ぎて何にもわかっていなかったのです。

私達がなんの為に殴られ怯えながら勉強させられていたのか。





それは、ただただ、塾の宣伝のためだったのです。









本当に馬鹿だった私。
講師達のいう
 『 お前たちの将来のために厳しくしてやっているんだぞ 』
という言葉を鵜呑みにしていたとは。


できたばかりの塾を有名にする為、合格実績を上げる為
塾側の利益のために、奴隷のように鞭うたれていたなんて。


本当は、奥底に愛情があるんだろうと信じていたのに。
ちくしょう。 殴られ損じゃん!!!!


























思春期の子供達が、よくあの緊張状態を乗り越えられたなぁと
今になって思います。








塾長は、中高一貫教育の学校を作るのが最終目標だと常々語っていました。
プレハブだった建物は、
今では立派なビルになり生徒数は増え続けているようです。

あの時の講師達は、まだ5、60代。
変わらず現役でやっているんでしょうか。

卒業して何十年にもなりますが、
今でもあの塾のことを思い出すと、なんだか苦いものが込み上げてくるのです。
友人達もみな同じ気持ちのようです。

3年間通い続けたあの場所に
辞めてからは一度も足を踏み入れることはありませんでした。

卒業生が誰一人として挨拶に行かないなんて、
やはりそこに愛がなかったからだよなぁとつくづく感じてしまいます。









ここ数日、体罰が問題になっていますが
恐怖に支配されてがんじがらめになり
身動きのとれなくなる苦しさが手にとるようにわかって辛いのです。

子供のためと言いながら大人のエゴで暴力を振るうのは
本当に許せない行為です。
by suncatcher-lamrim | 2013-01-16 01:37 | 日記
<< 大人になったねぇ( iдi ) こたつ生活満喫中 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ドラクロワの画業の集大成..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧