サンキャッチャー・LamRim

『 子宮癌疑惑 』 始末記  その6

結果、癌ではありませんでした。


病名は 『 複雑型子宮内膜増殖症 異形なし 』

このまま放置していたら、将来的には癌化する可能性も。
今後、3ヶ月おきに子宮内膜を採取し経過観察。
ホルモン療法などで治療するとのこと。


 
『 悪性じゃなくて良かったですね♪ 』 
なんて言葉もないのね、と
淡々と病名を告げる医師を見ながら寂しい気持ちになりました。

患者が、この1ヶ月間どんな気持ちで過ごしたかなんて
想像したことないんだろうな。





どういう病気なのか、原因は何か? 
などの詳しい説明は一切なかったので、帰宅してからネットで検索(-_-;


いやー。 本当に便利な世の中になりましたね~ (゜▼゜*) 












子宮頸癌の予防には、国がたくさんの助成金を出しています。

担当医の話によると
頸癌は若い人に多く、体癌は閉経後の女性に多い。

年寄りが癌で死ぬのはかまわないけど
若い人が減ると経済が落ち込むから
頸癌の啓発だけはバックアップするということなんだそうです。
ムカつきますね(笑)。




しかし。
調べたところによると、
頸癌の予防ワクチンは承認間もないので、
当然有効性及び安全性の長期追跡調査途中。
予防効果は100%ではない上に、不妊になるという副作用も囁かれていて。

こんな不確かなワクチンがごり押しされているのは
もちろん裏で政治家、官僚(厚生労働省)、製薬会社、医療機関が
それぞれの利権と謀略のために推進しているから。


国と製薬会社の黒い関係。
ますますムカつきますね(笑)。










さて。


死に逃げることなく
今後どうすれば、充実した人生が送れるようになるのかと考え続けたけれど
今の私には答えを出すことはできませんでした。




『 死も生もない 』  とか 『 いまここ 』 とか  
どれだけ本を読んでもちっともわかんない。
こればっかりは体感しなくちゃねぇ。

友人に 『 そんな時は、尊敬できる師について瞑想を 』 とアドバイスされ。
まずは、メンター探し&瞑想に取り組もうと思っています。












今回のことでは、
多くの方にご心配いただき本当に有難うございました。

特に夫。 
普通を装っていましたが、かなりの心労があったもよう。
この一月でちょっと老けた気がします。  なんかごめんね(=_=;






・・・・当然ながら私自身にもダメージが。
美容院でオアフさんから

『 どうしたんですかっ!? すっごく白髪が増えてますけどっ (((( ;゚Д゚)))』   って。





ぎゃあーーー。 

いろいろあったけど、これが一番ショックかも。








正直なところ、早々に腹をくくっていたので
すごく肩透かしをくらったというか。

『 良かったね!! 』 と声をかけられても素直に喜べなくて。

今はまだ、なんとも言えず複雑な気持ちでおります(⌒_⌒;
by suncatcher-lamrim | 2012-09-03 23:30 | 日記
<< ようやくの日常 『 子宮癌疑惑 』 始末記  その5 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ドラクロワの画業の集大成..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧