サンキャッチャー・LamRim


虹の世界
by suncatcher-lamrim

平戸藩窯 三川内焼きについて

三川内焼きは一般的に知名度が低いのですが、
実は、知る人ぞ知る凄い焼き物なのです。

簡単に説明すると ↓ ↓



『 三川内焼きとは、慶長三年(1598年)に平戸藩主松浦鎮信公が
  朝鮮より連れ帰った陶工に窯を焼かせたのがその起こりとされている。
  天草陶石により素晴らしい白磁器が完成。

  三川内焼きの全盛期は三期に分けることができ、
  第一期は元禄時代。
  朝廷や将軍家の献上品として、諸大名への贈り物として名声を博す。


  第二期は明治中期から後期。
  三川内焼き独特の極薄手のコーヒー碗や紅茶碗に
  ヨーロッパの王族から注文が殺到。
  オーストリア皇室のフランツ二世の即位記念として
  ワイングラスを製造。

  第三期は戦後、戦時においても美術工芸品を焼き続けた利点をいかし
  高級割烹食器の分野に君臨している。 』




なぜに三川内焼きなのかといいますと。
母方の先祖が平戸藩士だったので、
もともと身近にあったことが理由です。

母が焼き物にのめり込んで大量に買い集め、
20年前にギャラリーを始めました。

近年は体調が悪く仕事が中断していた為、
私が引き継ぐことになったというわけです・・・・・Y(>_<、)Y





さて。
上記のフランツ2世の即位記念ワイングラスはこちらヽ(^。^)丿
  ↓ ↓

f0163195_15232046.jpg


恐ろしく繊細で優美。
陶器のワイングラスはありますが、
脚付き、しかもここまで華奢なものは見たことがありません。

薔薇と玉ネギをモチーフにするよう注文を受けた時
日本にはまだ存在していなかったので
代わりに牡丹と水仙の球根を描いたという話は有名です。

f0163195_15232798.jpg


平戸雅松さんのお皿。
金でついであります。

雅松さんは、
長崎県の無形文化財第1号で唐子の第一人者と言われていた方。




f0163195_15233837.jpg



今回の展示会では、茶器セットなどをご用意しております。

f0163195_15234519.jpg


こちらは、雅松さんの弟さんである親光さんのお湯のみ。

f0163195_15235372.jpg


呉須が濃く、大変美しい貴重な一品です。

f0163195_15235980.jpg


昭和の名工と名高い中里恒光さんの酒器セット。

とっくり2つにお猪口が6つ。
もちろん木箱入りです。

f0163195_15242066.jpg



伝統工芸士協会の会長を務められ、天才と称された方。

恒光さんの壷や茶器、とくに水差しなどは
いくつかありますので
気になる方はお問い合わせください。

本当に美しくて、どれだけ眺めていても飽きません♪
f0163195_15242712.jpg



陽山窯のワイングラス。

15代中里末太郎さんも県の無形文化財保持者で
昭和2年に天皇陛下御即位大礼用の御用食器を製作されました。

天草陶石をふんだんに使用されているので、
白さや光沢がひと味違います。


今回は、ワイングラスやお猪口、
コーヒーカップなどをお出しする予定です。

f0163195_15243970.jpg



母が25年以上前、
晴峰窯さんにオーダーで制作していただいたティーカップ。

外国のお客様へプレゼントするため、
6客セットで作っていただきました。

今では時々見かけますが、
当時は山水を洋食器に描くということが珍しかったそう。


f0163195_15244736.jpg


カップが割れてもお皿だけで使用できるよう、
あえてすじを入れていません。


ここまで美しい山水を描ける方は、
もうどこにもいらっしゃらないのだとか。

f0163195_15245242.jpg


もちろん、お手ごろ価格の可愛いものもあります♪♪

これは晴峰窯さんの小鉢で、戦前のもの。


我が家でも同じ器を使っていますが、
何にでも合い、気軽に使えてとっても便利です(^.^)

f0163195_15245855.jpg




手もとにある焼き物ですが、作者の方は亡くなって
窯も閉じられているところが殆ど・・・・。


本当に残念なことです。



二度と手に入らない希少価値の高い器が、沢山揃っております。

興味のある方は是非、展示会へ足をお運びくださいませ。






<<アートを訪ねる月・三川内焼き展示販売>>

日時 2012年10月25日(木)~31日(水) 
   12:00~19:00
場所 福岡市中央区港3-3-24 2F 『inagakidesignworks』

地図 ↓ ↓
☆⇒http://www.inagakidesignworks.com/officeshowroom.html
by suncatcher-lamrim | 2012-10-12 15:04 | 日記 | Comments(2)
Commented by むしむし at 2013-08-03 14:37 x
こんにちは。中里恒光の孫です☆
祖父の作品をとりあげていただいて、こうしてみることができて嬉しいです^^
ありがとうございました。
Commented by suncatcher-lamrim at 2013-08-04 07:54
むしむしさん
はじめまして。コメント有難うございます♪
母は特に恒光さんの作品が大好きだったんです。

私が譲りうけた中で特に気に入っているのは
2012年10月19日のブログに載せている
『瓢形染付け人物文様花瓶』と『染付け桃絵花瓶』です。
特に桃絵の裏には
『昭和五十九年九月吉日 伝統工芸士 中里恒光 七十四才画 』 と銘が入れられており
お祖父様の作品の中でも傑作の一つではないかと思われます。


我が家の小さな和室に飾ってあるんですよ♪
いつも素敵だなぁと眺めています。
有難うございます(=^_^=)


http://suncather.exblog.jp/18084076/
<< 本日のお客さま  20121013 展示会のお知らせ その2 >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Lam Rim-ラムリム..
by 日本サンキャッチャー協会 理事長 廣田 at 17:01
お返事ありがとうございま..
by sky at 11:05
sky 様 コメン..
by suncatcher-lamrim at 02:09
はじめまして これもご..
by sky at 14:52
あと、当日はコンタクトを..
by suncatcher-lamrim at 15:47
・・・・つづき 今..
by suncatcher-lamrim at 15:35
はなさん こんにちは♪..
by suncatcher-lamrim at 15:34
お返事ありがとうございま..
by emi at 00:19
emi 様 私の拙..
by suncatcher-lamrim at 02:54
むしむしさん はじめま..
by suncatcher-lamrim at 07:54
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ドラクロワの画業の集大成..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの魅力とフ..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ボッティチェリの初期から..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧